クレジットカード現金化でカード利用停止になるとどうなる?

急に現金が必要になった際に非常に便利なクレジットカード現金化ですが、間違った使い方をするとクレジットカードが利用停止になるというリスクがあります。

そもそもの話、クレジットカード現金化の利用は、直ちに違法行為であるとは言えませんが、クレジットカード会社との規約には違反する行為です。

どのクレジットカード会社の利用規約にもしっかりと明記してあり、さらにいうならばクレジットカード現金化に関するサイトにもそのリスク・デメリットが書いてあると思います。

むしろリスクやデメリットを書かずに、クレジットカード現金化には、さもメリットしかないように書いているところは悪徳業者の入り口になっているので、注意が必要です。

クレジットカード現金化をして利用停止になるということは、もちろんクレジットカード現金化を利用した分のショッピング枠の支払いをしていなければ利用停止になりますが、一番危険なことが、クレジットカード現金化をしているのがクレジットカード会社にバレたということになります。

クレジットカード現金化がバレる条件は様々ですが、主に2つの理由が考えられます。

1つ目に、換金性が高い商品を購入することです。
新幹線のチケットや金券などの現金に換えやすいものを購入することで、クレジットカード会社に換金目的でショッピング枠を利用しているとみなされる、つまりクレジットカード現金化をしているのではないかと疑われるのです。
昔からのクレジットカード現金化の手法として買取方式という方法がありますが、これが換金性の高い商品を購入してそれを転売するという方法です。
クレジットカード現金化に利用される換金性が高い商品は時代とともに変遷していますが、クレジットカード会社としてはその都度換金性が高い商品の購入を制限してきました。

2つ目に、キャッシング枠を限度額いっぱいに使っている状態で高額な買い物をすることです。
キャッシングを使っているということは、現金が手元にないということになります。
その状態でショッピング枠を使うといっても、クレジットカード会社としては、利用者が支払いをできるかどうか定かではなくなりますよね。
キャッシング枠をギリギリまで使っている上で高額な買い物をすると、何を買ったのか、という確認の連絡が入りやすくなります。
普段から高額な買い物をしない人がいきなり大きな買い物をすれば、怪しくみえるのは当然でしょう。

では、クレジットカード現金化していることがクレジットカード会社にバレて、クレジットカードが利用停止になるとどうなるのでしょうか。

クレジットカードの利用停止

クレジットカードが利用停止になる原因は、不正利用(スキミングによる偽造カードや、落としたクレジットカードなどで勝手に決済に使われているなど)が疑われる場合、ショッピング枠の支払いの延滞をしている場合、規約違反行為をした場合などがあります。

クレジットカード現金化していることがクレジットカード会社にバレると、規約に違反していることになり、基本的にクレジットカードは利用停止になります。

その後クレジットカードが使えるか使えないかは、クレジットカード会社によって判断されますが、その判断はクレジットカード会社によってバラバラです。

厳しくないクレジットカード会社であれば再度使えることもありますが、再び使えるようになるまで時間がかかったり、更新時期になっても利用停止が続くことがあります。

実際にどれくらいの時間がかかるのかはクレジットカード会社の判断であり、利用者に知らせることもまずないでしょう。

逆に厳しいクレジットカード会社であれば、クレジットカード現金化していることが分かった時点で即強制解約されます。

強制解約されると、今まで使っていたキャッシング枠・ショッピング枠利用残高の一括返済を請求されることが多いです。

クレジットカード現金化した分だけ、ということはなく、普段の買い物の利用残高もまとめて一括返済を請求されます。

かなり厳しい処分ではありますが、そもそもショッピング枠は審査も緩く、無担保での貸付という扱いになるので、クレジットカード現金化という、ショッピング枠の返済にリスクが伴う行為にはそれなりに厳しい対応をするのも当たり前ではあります。

利用残高が多い人にとってはかなりのリスクです。現金に困ってクレジットカード現金化をしたはずが、さらに大きな返済が発生することになりかねません。

新しいクレジットカードが作れなくなる?

クレジットカード会社同士でそれぞれの信用情報を直接やりとりすることはありませんが、クレジットカード会社は信用情報会社を経由することで個人の信用情報を確認します。

クレジットカード会社は利用者の情報を、法律で定められた信用情報機関に登録し、利用者が各クレジットカード会社でどのような利用をしているのかということが把握できるようになっており、これをクレジットヒストリーと呼びます。

クレジットカードが利用停止になると、その情報は信用情報会社に載ることになります。信用情報会社に情報が載るかどうかはクレジットカード会社の判断ではありますが、クレジットカード現金化で強制解約になった場合は載る可能性が大きいです。

クレジットカード会社は利用者のクレジットカードを発行・更新する際に利用者の信用情報を確認しますが、利用者の信用情報に何かしら問題があるとクレジットカードの発行・更新をストップします。

クレジットカード現金化が発覚した際であっても、信用情報に載っていない時点では他のカードは使えるかもしれません。

しかし、新しくクレジットカードを作ろうとしても作れなかったり、更新カードが来ないまま退会処分になる可能性があります。

クレジットカード現金化を利用すると自己破産できない

クレジットカード現金化で強制解約された場合に、利用残高の一括返済を請求されると書きました。この支払いができない場合に自己破産などの債務整理ができるかというと、できません。クレジットカード現金化は自己破産の免責不許可事由に該当するからです。

免責不許可事由、ということは、借金の支払い義務から免れることが許されない事柄、ということです。

ギャンブルや極端な浪費など、自身に借金の原因があり、その借金が悪質であるとみなされた場合、この免責不許可事由に該当するということになります。

クレジットカードが利用停止にならないために

クレジットカード現金化で一番避けなければいけないのは、利用していることがクレジットカード会社にバレることです。

バレないようにする為には、キャッシング枠をいっぱいに使わない、換金性が高い商品を買わない、支払を滞納しない、など普段から気をつければできることがあります。

また、利用が絶対にバレないようにしているクレジットカード現金化業者を選ぶことも必須です。優良業者を利用すればまずバレることはありません。万が一の対応もしっかりとしているところを選びましょう。


クレジットカード現金化の利用は、どうしても現金が即日で必要なときの最終手段であり、そもそもショッピング枠の支払いができなければクレジットカードは利用停止になります。

借金の代わりではないということを認識し、支払いがしっかりできるようにクレジットカード現金化を利用することが、クレジットカードを利用停止にしない一番の方法だといえるでしょう。

2017/01/10

page top