クレジットカード現金化で悪徳業者に騙されやすい人の特徴

『この世には、目には見えない闇の住人たちがいる・・・』

とは、某アニメのオープニングで語られるナレーションですが、残念なことに、古今東西、世の中には詐欺を行う悪徳集団が存在します。

厄介なことに、この詐欺集団は普段目につかないように息を潜めて、さも真っ当であるかのように一般社会に溶け込んでおり、目には見えない闇の住人とは正にこのことです。

その間もターゲットを吟味し、どのような人が騙しやすいかを見極めています。

クレジットカード現金化においても、詐欺行為を行う悪徳業者が存在します。

その多くの手口は、クレジットカード現金化の高還元率・即入金などの甘い言葉で利用者を誘い、決済だけをさせて入金をしない、事前に言った金額よりも少ない金額を入金してくる、などが挙げられます。

また、手に入れた個人情報をヤミ金業者などの違法な悪徳業者に売っていることもあります。

このようなクレジットカード現金化の悪徳業者に騙されやすい人には、騙されやすそうな特徴があります。それは一体どのような特徴なのでしょうか。

クレジットカード現金化の悪徳業者に騙されやすい人の特徴

クレジットカード現金化の悪徳業者は、申し込みをしてきた利用者を徹底して調べ、騙しやすいか、騙しにくいかを吟味します。

クレジットカード現金化で騙しやすい利用者にはある程度の騙しやすい特徴があります。

  • 多重債務者

    一般の消費者金融で借りられない多重債務者は、悪徳業者に狙われやすく、クレジットカード現金化は総量規制の対象にはならない為、総量規制の関係などで金融機関からお金が借りられない人はクレジットカード現金化を利用しようとします。

    いざ利用すると低いクレジットカード現金化の還元率で取引され、キャンセルを申し出ると、クレジットカード現金化の利用をしていることをバラすと脅されます。

    クレジットカード現金化は債務整理をしようとする際に免責不許可事由としてみなされるので、その弱みを握られることになり、つまり、債務整理をして借金を減らす、免責できる、という最後の手段までもが取り上げられることになります。

    また、多重債務者のリストを裏で買い、クレジットカード現金化の利用見込みがある人に向けて連絡をします。

    クレジットカード現金化の悪徳業者が裏でヤミ金業者と繋がっている場合はさらに厄介です。

    高い還元率で案内されたとしても、多重債務者なのでいつか支払いに困る日が来ることは間違いなく、そこでヤミ金を紹介され、法外な利率で借り入れをしなければいけない事態になります。

    この場合も、債務整理しようとしても免責不許可事由を理由に脅されます。

  • 専業主婦
    収入がない専業主婦は、一般の消費者金融からお金が借りにくい状況にあり、配偶者の年収を聞かれたり、または配偶者の会社に在籍確認が入ったりするので、配偶者に借金しようとしていることが把握されます。

    借金をしようとしていることがバレたくない場合に、クレジットカード現金化を利用する上で悪徳業者を選んで利用してしまうと、まず家族にバラされるという弱みに付け込まれます。

    そこからもクレジットカード現金化の利用を続けてしまうと、クレジットカードの返済に困る→ヤミ金紹介の流れになってしまいます。

上記の2つの他にも、クレジットカード現金化の取引内容にこだわりすぎるあまり、逆に騙されてしまう人がいます。

  • クレジットカード現金化の還元率にこだわりすぎる人

    クレジットカード現金化の還元率を気にしすぎると、悪徳業者の嘘の還元率に騙されてしまいます。

    クレジットカード現金化の悪徳業者は業界内ではありえないほどの高還元率を謳い利用を促します。

    決済をしても、入金がされない、少ない金額が入金されていたというケースが後を絶ちませんし、もちろん、その後連絡が付くことはありません。

    また、最初に高還元率を提示し、取引する際に手数料を上乗せするというクレジットカード現金化の悪徳業者もいます。

    取引を中断しようとすると、キャンセル料を脅し取られるのです。

  • 時間に余裕がない人

    資金繰りなどの際に、時間に余裕がない人はとにかく焦りがちであると思います。

    クレジットカード現金化の悪徳業者はそこを狙っており、焦っている利用者は、どうしても話をよく聞く状態ではなくなってしまいます。

    なんでもいいから早くしてほしいという利用者に限って、後で取引内容を確認すると騙されていたことに気付くというパターンが多いです。

    クレジットカード現金化の取引内容などの話を聞かない利用者ほど、クレジットカード現金化の悪徳業者にとって都合がいいカモはいません。

    後で取引内容に文句を言っても、話を聞かない利用者が悪いと逆に脅されてしまいます。

クレジットカード現金化の悪徳業者に騙されないために

クレジットカード現金化において業者選びは重要な項目の1つですが、その前に自分が上記の特徴に当てはまらないか確認することも重要です。

クレジットカード現金化の悪徳業者のターゲットになるということは、その情報がヤミ金などの他の業種の悪徳業者に流れることを意味します。

そうするとより一層悪徳業者を利用して騙されてしまうリスクが高まってしまいます。

その為、上記の特徴に当てはまる人は特にクレジットカード現金化業者選びには慎重になるべきであり、その為にはある程度時間に余裕があることが必須になります。

クレジットカード現金化の悪徳業者に騙されない為には、まずは自分の状況を把握することです。

自分のこともわからない状態で、ましてやクレジットカード現金化業者のことがわかるはずがありませんし、クレジットカード現金化優良業者であれば、状況に応じた対応をしてくれるので話もしやすくなります。

お金のことに関することで冷静さを欠いてしまう状況が一番騙されやすい状況になってしまうので、クレジットカード現金化では何よりもまず自分の状況を把握し、冷静にクレジットカード現金化業者選びをすることが一番の対策でしょう。


クレジットカード現金化で悪徳業者に騙されやすい人の特徴は、クレジットカード現金化に限らずとも、お金が簡単に手に入ると考えている人でしょう。

クレジットカード現金化においては、即日で現金が手に入るとはいえ、申し込みから実際に現金が手元に入るまでは、説明を聞いたり、本人確認が必要であり、なおかつクレジットカード現金化では手数料が必ずかかります。

クレジットカード現金化の手数料は、業者を利用する際は必ずかかるものであり、現金が即日で手に入るのはクレジットカード現金化業者がいるからであり、その手数料が存在するからです。

この手数料を少しでも安くしようとする利用者の心理は痛いほどわかりますが、何事も「安かろう悪かろう」、つまり還元率が高ければ高いほど裏にはリスクや悪徳業者の甘言など、何かしらの理由があると考えていいでしょう。

もちろん、利用者を騙そうとするクレジットカード現金化の悪徳業者が一番悪い存在ではありますが、騙すほうが悪いと声高々に叫んでも、クレジットカード現金化はもともとはクレジットカード会社との規約違反行為なので、クレジットカード現金化で騙された人が救済されることはありません。

クレジットカード現金化は即日で現金が手に入るという利用者にとって好都合すぎるメリットがありますが、そのメリットのせいでクレジットカード現金化の悪徳業者に騙されてしまう人が多いことも確かです。

クレジットカード現金化にもうまい話はない、これを心がけるだけでも、騙されないようになる一歩です。

2017/01/13

page top