クレジットカード現金化で利用できないクレジットカード

即日比較Battleではクレジットカード現金化についていろいろな話を書いていますが、つまりこれを見ている人はクレジットカードを持っていて、クレジットカード現金化を利用しようと思っている人ということですね。

そんなみなさんは、普段買い物をする際にクレジットカードで支払いをしている人が多いかと思います(もちろんただポイントの為だけに持っていたり、たまたま作っただけで全く使っていない人もいるかとは思いますが・・・)。

クレジットカード現金化で使えないクレジットカードとは?

クレジットカードで支払いをする為には、購入するサービス・商品を販売するお店がクレジットカードの利用加盟店である必要があります。また、加盟店であっても国際ブランドや提携先によっても利用できないクレジットカードがあります。

みなさんもクレジットカード利用加盟店でお買い物をしてクレジットカード払いにしようとしたら、このクレジットカードは使えないと言われたことがあるのではないでしょうか。

同じように、クレジットカード現金化を利用する際も持っているクレジットカードの種類によって利用できる・できないがあります。

それは、クレジットカード現金化業者によっても利用できる・できないクレジットカードがあります。

クレジットカード現金化はクレジットカードの種類によってできるできないがある?

クレジットカードと言ってもその種類は多く、国際ブランドや提携先、ランクによってもクレジットカード現金化に利用できる・できないクレジットカードがあります。

  • クレジットカードの国際ブランド
    クレジットカードには国際ブランドが付いているはずです。
    主な国際ブランドとしては、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、中国銀聯、DISCOVERがあります。

    日本国内ではVISA、MasterCard、JCBの国際ブランドが付いているクレジットカードが多く、次いでAMEX、Dinersのクレジットカードが利用されています。

    ちなみに、中国銀聯はその名の通り中国発の国際ブランドであり、中国でクレジットカードを使うなら中国銀聯が一般的です。また、中国人観光客が持っているクレジットカードは大体中国銀聯だったりします。

    DISCOVERはアメリカ発の国際ブランドで、近年国際ブランドとして認められた比較的新しい国際ブランドです。現時点で日本では発行することができませんが、JCBと相互開放している為日本でも利用可能です。

  • クレジットカードの発行元
    クレジットカードには国際ブランドがありますが、さらに発行元があります。

    例えば、クレディセゾン、楽天、三井住友などの銀行系、他にも様々なクレジットカード会社があります。

  • クレジットカードのランク
    クレジットカードを持っていなくても、「ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカード」などの言葉を聞いたことがあると思います。これがランクに当たります。

    クレジットカードのランクによって与信枠やサービスが変わりますし、もちろん、ランクが高いカードを持つためには、それなりの収入・信用が必要です。

    また、一口に「ゴールドカード」と言っても、発行元によってサービスが異なります。

    例えば、エポスのゴールドカードとアメックスのゴールドカードでは年会費やサービスの内容、セキュリティやステータス性も全く違います。

クレジットカード現金化できないクレジットカードとは?

ここで本題ですが、クレジットカード現金化で利用できないクレジットカードは、実はクレジットカード現金化業者によります。

普通、一般のお店は、クレジットカード会社と直接提携しているお店と、決済代行会社を使っているお店があり、社会的に信用があまり高くないお店(水商売など)は決済代行会社を使っているところが多いです。

まさかクレジットカード現金化業者がクレジットカード会社と直接提携しているということはないので、業者は決済代行会社を使ってクレジットカード決済をしているということになります。

決済代行会社といっても、会社によって取り扱いができるクレジットカードの種類は千差万別です。

例えば、決済代行会社は国内にあっても、決済の扱いが国内決済か海外決済かという違いがあり、もちろん、国内決済しかできないクレジットカードは海外決済の扱いになる決済代行会社は使えないということになります。

つまり、クレジットカード現金化に自分のクレジットカードが使えるかどうかというのは、クレジットカード現金化業者が契約している決済代行会社によるということです。

一般的に、JCBやAMEXといった国際ブランドは利用できないお店が多いですが、これはクレジットカード現金化でも同じ傾向が見られます。

JCB、AMEXは手数料が高い為、クレジットカード加盟店でも利用を断ることがありますし、嫌がるクレジットカード現金化業者が多いことは事実です。

その点、VISA、MasterCardはJCBやAMEXと比べて手数料が安く、どこのお店でも利用できる国際ブランドであり、ほぼどこのクレジットカード現金化業者でも利用できますが、クレジットカード発行元によっては使えないカードもあります。

クレジットカード発行元によってはクレジットカード利用者の買い物を細かく注視しており、少しでも不自然な買い物があると利用者に連絡をしてきますので、その傾向が強い発行元のクレジットカードであれば、クレジットカード現金化業者は利用を断るかもしれません。

一般的に厳しいとされる発行元は、銀行系のクレジットカードや、JCBが自社でクレジットカードを発行している場合、国外決済ができないクレジットカードの発行元などです。

また、ランクの高いクレジットカード、特にステータスが高いクレジットカードとされるAMEXやDinersのクレジットカードは不信な買い物に対して審査を行う場合があり、審査とは名ばかりで、その審査の間はクレジットカードが利用停止になるということもあります。

クレジットカード現金化で自分のクレジットカードが利用できるかしっかりと確認しよう

クレジットカード現金化できるかできないかは業者によります。申し込みをする際は、クレジットカード現金化業者に自分のクレジットカードが利用できるかしっかりと確認しましょう。

クレジットカード現金化優良業者であれば、どんなクレジットカードでも大体は使えますが、本当に使えないところや連絡がきやすいところをしっかりと教えてくれます。

逆に、すべてのクレジットカードがクレジットカード現金化に使えると言うクレジットカード現金化業者はむしろ怪しいかもしれません。

クレジットカード現金化に自分が持っているクレジットカードが利用できるかどうか気になった際は、どうやってクレジットカードを決済するのか一度聞いてみることもありですし、わからないことをしっかりと教えてくれるところこそ、クレジットカード現金化優良業者の証であるといえるでしょう。

もちろん、クレジットカード現金化はクレジットカード会社との規約に違反する行為であるという点で、すべてのクレジットカードはクレジットカード現金化できないといったほうがいいですが、クレジットカード現金化業者が営業を続けている限り、クレジットカード現金化できるクレジットカードは存在しているということになるでしょう。

2017/01/14

page top