クレジットカード現金化と換金性が高い商品

クレジットカードで買い物をする、と一言でいっても世の中には星の数ほどの商品があります。

普段の買い物であれば、食料品であったり、洗剤や化粧品、服などの消耗品、たまに贅沢して高級レストランなんかも行くかもしれません。

どこぞのクレジットカード会社のCMのような話になってきましたが、今やクレジットカードで買えない商品・サービスはないといっても過言ではないでしょう。

今はクレジットカードで買えないものでも、決済のサービスの範囲は拡大する一方なので、いずれはクレジットカードで買えるようになります。

もしかしたら家賃もクレジットカードで払えるかも?と気になって調べてみると家賃でもクレジットカード払いできるところが増えてきているらしいですね。

話が逸れましたが、その沢山の商品・サービスの中でも、クレジットカード会社にとって、しいて言うなら、クレジットカード現金化において特殊な商品があります。

そもそもクレジットカード現金化自体がクレジットカード会社の規約違反にあたるサービスなので、クレジットカード現金化を利用する際の購入する商品によってはクレジットカード会社が警戒する商品があります。

その商品とは、換金性が高い商品です。

クレジットカード現金化での換金性が高い商品とは?

クレジットカード現金化をする上で、換金性が高い商品とは、読んで字の如く、お金に換えやすい商品です。

換金性が高い商品と言われて何を思いつくでしょうか、例えば、新幹線のチケット、デパートや百貨店の商品券などの金券が思いつくはずです。

クレジットカード会社はこのような商品の購入を注視しており、他人に勝手に使われていないか確認する為でもありますが、それはなぜかというと、買った商品を現金に換えている、つまりクレジットカード現金化しているのではないかと疑うからです。

クレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約違反に該当します。

そもそも購入した商品は支払いが終わるまではクレジットカード会社に所有権があるので、それを勝手に売却したとなると、クレジットカード会社を騙して金銭を横領したとみなされるからです。

現在まではクレジットカード現金化利用者がクレジットカード会社から訴えられたということはないですが、クレジットカード現金化しているとみなされると、クレジットカードの強制退会・利用残高の一括請求などのペナルティが課されます。

さらには信用情報に事故情報として記載され、クレジットカード会社各社で新しくクレジットカードを作ることが難しくなる可能性があります。

では、実際に何を買うとクレジットカード現金化しているのではないかと目を付けられるのでしょうか。

  • 新幹線のチケット、回数券

    クレジットカード現金化をしようとする際に、クレジットカード会社に一番目を付けられるのは何といっても新幹線のチケットです。

    新幹線のチケットの売却や払い戻しはクレジットカード現金化の一番古くからの方法です。

    店舗型のクレジットカード現金化業者にクレジットカードで購入した新幹線のチケットを売ったり、自分自身で購入した新幹線のチケットを現金で払い戻しをしたり、インターネットが普及していない時代から利用されてきました。

    新幹線のチケットを利用する方法はクレジットカード現金化においての換金率がかなり高い分、リスクもかなり高くなります。

    現在では新幹線のチケットを買おうとした段階でクレジットカードが切れないということも多く、買えたとしても連続で大量に購入すると確実に連絡が入るでしょう。

    そこから、新幹線のチケットを利用している実態がないことがわかるとクレジットカードが利用停止になってしまう可能性が高いです。

  • 百貨店などの商品券

    商品券も非常に換金性が高い商品であり、金券ショップに持っていくと優に90%以上で買取されます。

    この商品券もクレジットカードで購入することができる種類の商品券があり、その商品券がクレジットカード現金化に利用されるのです。

    もちろん、新幹線のチケット同様にクレジットカード現金化するにはリスクが高く、おすすめできる商品ではありません。

  • ブランド品

    換金性が高い商品にはブランド品も含まれています。

    シャネルやヴィトンのバッグ、ロレックスの時計など、質草になるような商品です。

    女性であればブランド物のバッグを購入したり、男性であればロレックスやオメガなどのブランドの時計の購入は通常の買い物と同じです。

    しかし、いきなり高額なブランド物を購入したり、短期間に連続購入をすると普段とは違う買い物として目を付けられます。

    クレジットカードで買い物をする上では、ブランド品の購入をする場合でもしっかりと支払いができるかというクレジットカード会社内部での審査があると考えられます。

    また、ブランド物は流行り廃りが激しく、場合によってはクレジットカード現金化に利用するには換金率がかなり悪くなることがあります。

    ブランド品を利用してのクレジットカード現金化は、クレジットカードが止まってしまうリスクが高い上に、クレジットカード現金化の換金率が悪いという最悪な結果になりかねません。

  • テレビ・冷蔵庫などの家電製品

    最近では、家電製品の売買でクレジットカード現金化する手段があります。

    クレジットカードで家電製品を購入し、それを買い取ってもらう形でクレジットカード現金化を行います。

    買取された家電製品は新古品として売りにだされるので、換金率も高い商品であるでしょう。

    また、家電製品であれば日常でも使うものなので、新幹線のチケットや商品券よりはクレジットカード会社から注視されにくい商品です。

    しかし、あくまでされにくいというだけです。

    短期間に大きい家電をいくつも買っていると、通常の買い物としてはおかしいとみなされてしまいます。

    1年に一回などであればまだいいですが、1か月に1回冷蔵庫を買う人はなかなかいないですよね。

  • アマゾンギフト券

    インターネットの普及により増加したのが、このアマゾンギフト券の購入です。

    ショッピングサイトであるアマゾンが、事業の拡大に伴いアマゾン専用のギフト券を発行し始めたのです。

    これがクレジットカードで購入できる上に換金性が高いこともあってか、アマゾンギフト券買取業者としてのクレジットカード現金化業者が増えました。

    もちろん、クレジットカード会社がアマゾンギフト券買取の実態を把握してないなんてことはありませんし、1回の利用ならまだしも、連続して購入すると確実にクレジットカードが止まります。

クレジットカード現金化における商品の換金性が高いと絶対に怪しまれる

よくクレジットカード現金化のアマゾンギフト券買取業者のうたい文句に「大手アマゾンでのお買い物なので安心♪」と書いてありますが、安心なのはアマゾンでのアマゾンギフト券購入過程であって、その後のクレジットカード現金化のリスクについては全く触れていません。

何度も繰り返しますが、クレジットカード現金化はクレジットカード会社との規約違反です。

クレジットカード現金化において、換金性が高い商品を購入するということ自体がクレジットカード現金化のリスクになり得るので、換金性が高い商品を購入することでの完全に安全なクレジットカード現金化の利用は絶対にないということを肝に銘じておきましょう。

2017/01/16

page top