クレジットカード現金化は本人確認が必須

ごく当たり前のことを最初に言いますが、クレジットカードは基本的に名義人の名前が刻印されており、その名義人のみがクレジットカードを使用することを許されています。

どこのクレジットカード会社の規約にも書いてありますが、クレジットカードの所有権はクレジットカード会社にあり、クレジットカード本体・情報は会員本人以外使用できないとしているからです。

もちろん、拾ったクレジットカードを勝手に利用することは犯罪ですし、友達や知人とクレジットカードの貸し借りをすることもできません。

家族であっても例外ではありません。

例えば、夫や妻のクレジットカードでも自分の名義でなければ使用してはならず、貸し借りもできません。

家族であれば家族カードを作ることを前提にしているからです。

なぜ家族であってもクレジットカードが本人以外は使えないのか、想像に易いと思いますが、勝手にクレジットカードを使うとトラブルが起きやすいからです。

最近では子どもが親のクレジットカードで勝手にスマホゲームに課金するようなトラブルも起きています。

クレジットカードの支払いは名義人がしなければならず、身に覚えのない買い物であれば名義人は決済をキャンセルしますし、それが、家族が勝手に利用した分の支払いとなれば、話がこじれるのは当然です。

もちろん、クレジットカード現金化を利用する場合でも、自分の名義のクレジットカードを使うことが前提になりますので、その為に、クレジットカード現金化業者は本人確認を行っています。

クレジットカード現金化は本人確認を行う手続きを行ったとしても即日で現金が手に入るくらい早い手続きが可能ですが、この本人確認の手続きを省略することは絶対にできません。

では、クレジットカード現金化の本人確認はどうやって行うのでしょうか。

クレジットカード現金化の本人確認の手順

上記でも書いたように、クレジットカードは自分の名義のものしか使えませんが、それはクレジットカード現金化においても同じです。

どのクレジットカード現金化業者に申し込みをしたとしても、クレジットカードの名義人自身が申し込みをしているかという本人確認を実施しています。

インターネットから申し込みできるクレジットカード現金化業者であれば、直接会って商品や現金を取引するわけではないので、メールやFAXなどで本人確認ができる書類などを送るように指示してきます。

クレジットカード現金化の本人確認で必要な書類として、下記のものがあります。

  • 国から発行される顔写真付きの公的身分証(運転免許証、パスポート、住基カードなど)
  • 自身の名義のクレジットカード
  • 自身の名義の銀行口座がわかるもの(キャッシュカード・通帳など)
  • 条件に沿った顔写真(現在時刻の時計と一緒に写るように・身分証の顔写真と一緒に写るようになど)

これらの書類がすべて揃い、はじめてクレジットカード現金化の利用が可能になります。

例えば、免許証とクレジットカードの名義が違っていたり、クレジットカードと銀行口座の名義が違っていたりする場合は間違いなく確認されます。

また、これらの書類だけでなく、クレジットカード現金化業者から条件に沿った顔写真を用意するよう言われますが、これは身分証の顔と顔写真が一致するということを確認する為です。

条件とは、例えば時計と一緒に写るよう、身分証の顔写真と一緒に写るよう要求されます。

クレジットカード現金化は上記の本人確認の流れを経て、はじめて利用することができます。

クレジットカード現金化業者はなぜ徹底した本人確認をするのか

クレジットカード現金化はお金が関わるサービスなので、やはりトラブルが起きやすいです。

よくクレジットカード現金化の悪徳業者の存在が取り上げられますが、その逆にクレジットカード現金化業者を騙して振り込みをさせようとする、詐欺行為を働こうとする利用者もいます。

例えば、下記の行為が該当します。

  • 拾った財布に入っていたクレジットカードでクレジットカード現金化を利用しようとする
  • クレジットカード現金化後に決済をキャンセルする

もちろん拾った他人のクレジットカードを勝手に使うことは犯罪になるので、クレジットカード現金化がいくらグレーゾーンなサービスであるとはいえ、クレジットカード現金化業者が犯罪行為に加担することは絶対にありませんし、ましてやクレジットカード現金化の営業を行っていく上で犯罪になるようなトラブルには巻き込まれたくないはずです。

また、万が一クレジットカード現金化後に決済をキャンセルされることを想定して、本人確認で住所や氏名などの確認を行っています。

クレジットカード現金化業者はこのようなトラブルを防ぐために、本人確認をしっかりとしているのです。

また、詐欺行為を意図せずに上記の行為に該当してしまうケースもあります。

例えば、クレジットカード現金化でよくある事例が、妻が夫のクレジットカードを無断で使用してクレジットカード現金化しようとしているというケースがあります。夫が妻のクレジットカードを利用しようとする逆のパターンも然りです。

仮に、妻が夫名義のものでクレジットカード現金化できたとしますが、夫は自分の支払明細を見て身に覚えのない買い物があり、決済を取り消しました。

上記に書いたように、クレジットカード現金化後に決済をキャンセルした形になってしまいます。

このような事例がある為に、クレジットカード現金化業者は家族間でも無断使用はできないようにしています。

ただし、クレジットカード現金化業者によっては本人の了承を得ていることが確認でき、利用しようとしている人とクレジットカードの名義人の本人確認ができれば使える場合があるようです。

クレジットカード現金化の優良業者を選ぶ基準にもなる

クレジットカード現金化業者の中には本人確認なしでもできる・家族のクレジットカードでも(無断で)使える、などというところがありますが、そんな杜撰な営業をしているところはまず間違いなく悪徳業者でしょう。

中には電話番号やアドレスなどの一部の情報だけでも収集して売るという悪徳クレジットカード現金化業者がいます。

仮に家族に無断で使えたとしても、もし家族の情報が他の悪徳業者、例えばヤミ金業者やオレオレ詐欺などの集団に流れていたとしたら・・・そのリスクは無限大になっていきます。

もちろんクレジットカード現金化は本人確認をする上で、氏名・生年月日・銀行口座などの個人情報が流出するかもしれないというリスクはあります。

悪徳業者であれば、中途半端な本人確認でも利用できますが、その手間を惜しむと情報が売られるかもしれません。

しかし逆に言えば、本人確認をしっかりと行っているクレジットカード現金化業者であれば優良業者である証になります。

長年営業しているクレジットカード現金化業者であれば、個人情報を流出させるようなことは絶対にありませんし、むしろ長年に渡って営業するために、利用者とのトラブルをさける意味でも、しっかりとした本人確認をしているのが優良業者であると言えます。

気になった際は、本人確認をしっかり行っているか確かめ、個人情報の取り扱いはどうしているか聞いてみるといいでしょう。

2017/01/18

page top