デビットカードとは何か?クレジットカード現金化に使えるのか?

何気なくテレビを見ていると、クレジットカードのCMもよく見ると思います。クレジットカードの名前が、ついつい口ずさんでしまうメロディーに合わせて歌われているのは有名ですね。

そんなCMの1つに、デビットカードのCMがあることにお気づきでしょうか。近年このデビットカードの利用者が多くなっていますが、実際にはどういったカードであるのか理解していない人も多いのではないでしょうか。現にデビットカードを保有していても、銀行口座の開設の際に自動で付いてきただけで使ってない人もいるかと思います。

デビットカードに関してクレジットカード現金化でよくある質問が、「デビットカードは使えるのか?」というものです。クレジットカードの国際ブランドがついているだけに、クレジットカードと同じように使えると思っている人がいるようです。

では、デビットカードとはどのようなカードなのでしょうか。

デビットカードとは?

デビットカードの種類は大きく分けて2つあり、J-Debitとブランドデビットがあります。今利用者が増えているのがブランドデビットの方で、CMでよく見るVISAデビットもその1つです。J-Debitとブランドデビットの何が違うかというと、クレジットカードの国際ブランドが付いているかいないかという違いがあります。

ほとんどの銀行のキャッシュカードにはJ-Debitの機能が付いていますが、加盟店の数はブランドデビットに比べて圧倒的に少ないです。現在ではJ-Debitはブランドデビットに代わられていることもあるので、ここではブランドデビットをデビットカードと呼ぶことにします。

ブランドデビットのデビットカードは、日本国内ではVISAとJCBのカードがあります。

MasterCardのデビットカードは日本ではまだ発行されていません。

デビットカードは通常のクレジットカードと似て非なるカードです。使い方は似ていても、支払方法が全く異なります。

通常のクレジットカードであれば、クレジットカード会社からショッピング枠という与信が付与され、その範囲内での買い物が可能になります。買い物代金の支払方法は一括、分割、リボなどから選び、翌支払日に銀行口座から支払額が引き落とされます。

一方でデビットカードでの買い物は、カードに紐づいた口座から買物代金が即時に引き落とされるという支払い方になります。口座から直接引き落とされるということは、ショッピング枠=口座の残高ということになります。

デビットカードは口座の残高がショッピング枠になる為、与信枠が付いていません。おおよそのカード会社は、クレジットカードの発行可能年齢は18歳以上(高校生を除く)ですが、デビットカードであれば15歳以上(中学生を除く)となっています。

デビットカードが使えるお店は、VISA、JCBの国際ブランド加盟店ですが、口座からの直接支払われるという性質上、利用できないお店もあります。例えば、ガソリンスタンドや高速道路などの利用金額が変わる支払いに対しては使えないことがあります。

なぜクレジットカードとデビットカードが混同されやすいか、それはVISA、JCBの国際ブランドが付いているからでしょう。クレジットカードと同じようにカード番号、国際ブランドが付いているので、一見すると通常のクレジットカードと同じように見えます。

また、使えるお店もVISA、JCBの加盟店なので、クレジットカードが使えるお店の大体はデビットカードの利用が可能なことも混同の原因の1つと言えるでしょう。

その為、クレジットカード現金化にもデビットカードは使えるのか、という質問が多いのだと思います。

クレジットカード現金化ではデビットカードは使えない

はっきり結論から言うと、デビットカードはクレジットカード現金化には利用できません。
正確に言えば、デビットカードでクレジットカード現金化は全く意味がないどころか、逆に損をしてしまいます。

支払いの仕組みを知っていればわかることですが、クレジットカードの買い物はカード会社から付与された与信枠(ショッピング枠)を使って支払いが行われます。買い物の代金をクレジットカード会社に立て替えてもらって、その立て替えてもらった代金を一括、分割、リボ払いなどの自分で設定した支払方法で支払っていきます。

デビットカードの支払いは、クレジットカード会社が買い物の代金を立て替えるのでなく、紐づいた銀行口座から直接引き落としされます。イメージとしては、銀行口座を直接持ち歩いてその口座から買い物代金を支払っていると考えていいでしょう。

クレジットカード現金化はあくまで与信枠を利用するものです。例えばの話ですが、デビットカードでクレジットカード現金化を利用すると、業者が指定した商品を買うに当たって口座から現金が引き落とされて、手数料が引かれた金額の現金が口座に入ることになります。いかに意味がなく、ましてや損をしているかがわかるでしょう。

クレジットカードであれデビットカードであれ、ただ単に便利だからと言って自分の持っているクレジットカードの仕組みを理解しない上で使うことはとても危険です。今一度自分のクレジットカードはどういった利用ができるのか、確認することをお勧めします。

2017/01/22

page top