クレジットカード現金化は誰でも利用できる?

手元に現金がなく、即日でどうしても現金が必要になった時、普通であればお金を借りることを考えるでしょう。

借りる相手としては、家族、親類、友達、または消費者金融などがありますが、金融機関でお金を借りる際はどうしても審査が必要になります。

働いているか否か、職業、年収、その他の審査があり、審査に通って初めてお金を借りることができます。審査には時間がかかり、即日で借りることができる人は本来お金を借りる必要がないくらいの収入がある人くらいでしょう。

無職であったり、フリーター、学生、専業主婦など、収入がない為に信用がない人や、金融機関で総量規制をかけられている人、ブラックリストに載っている人などはお金を借りることが難しくなります。

ここで、即日で現金を手に入れる方法として、クレジットカード現金化という方法があります。
クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れるサービスです。

職業の有無、年収、その他の審査もなく、総量規制にも影響がありません。条件は自分名義のクレジットカードを持っていて、ショッピング枠が使えるということだけです。ネット上で手続きできるので、どこかに出向く必要もなく、顔をあわせる必要もありません。

つまり、クレジットカード現金化は本人確認ができれば誰でも利用することができます。無職、フリーター、学生、専業主婦、総量規制がかけられている人、ブラックリストの人でも、クレジットカードのショッピング枠を使うことができれば即日で現金を手に入れることができるということです。

クレジットカード現金化は通常の買い物と同様に買い物をして現金を手に入れる方法であり、クレジットカード会社にも怪しまれることはありません。

主婦や学生、フリーターの場合

条件はクレジットカードを持っているか否かということですが、そもそもクレジットカードを持っていないという人もいるかと思います。

主婦や学生、フリーターの人は、クレジットカードは正規の職に就いていなければ持てないものだと思っている人も多いのではないでしょうか。

一昔前であれば、クレジットカードはステータスを表す1つのシンボルになっていました。今でも、ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータスになり得るクレジットカードはあります。

しかし、クレジットカード払いが普及している現在では、一般的なクレジットカードであれば容易に持つことができます。カード会社もクレジットカードを利用する人が増えると利益も増えるので、現在その敷居は低くなっているはずです。

非正規雇用が増えつつある現代社会において、クレジットカードを持つために必ずしも正規雇用でなくてはいけないということはありません。フリーターであっても、安定した収入があるかどうかということが必要になるだけです。

また、主婦や学生であってもクレジットカードを持つことができます。収入がないと言っても、親であったり配偶者という形で、支払いを保証してくれる存在がいるからです。

専業主婦であれば無職ということになりますが、クレジットカードの審査においては夫の収入が審査の対象になります。また、家庭での必需品を購入する上でクレジットカードを持つことが考えられる主婦層はクレジットカード会社にとって優良顧客になるとみなされるはずです。

学生の場合、自身でもアルバイトをすることはあると思いますが、生活に必要なお金は基本親に頼ることになりますね。18歳で大学生という場合、クレジットカードを作るには親の同意が必要になります。審査も親の収入ということになりますが、学生、特に大学生の場合は学生専用カードというものがあります。その名の通り学生が使用することを前提としたクレジットカードなので、審査も通りやすくなります。

なぜ学生専用カードがあるかというと、将来を通して自社のクレジットカードを長く使ってもらえるようにするための、クレジットカード会社の営業戦略だからです。俗にいう青田刈りみたいなものだと考えるといいかもしれません。学生の内から自社を使ってもらえれば、社会人になってもそのまま使い続けるだろうという見込みから審査が通りやすくあります。

このように、職に就いていない人でもクレジットカードを作ることができます。

クレジットカードを作ればクレジットカード現金化が利用できる

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠があれば誰でもすぐ利用することができ、即日で現金を手に入れることができます。

クレジットカードがない人でも一昔前よりは容易にクレジットカードを作ることができます。

普段の買い物にも利用することができる上に、ショッピングにはポイントも付きます。いざというときには現金に換えることができるので、クレジットカードを持っていない人は早速クレジットカード会社に申し込みをするといいですね。

2017/01/27

page top