クレジットカード現金化悪徳業者の利益を出す手段

クレジットカード現金化は急にお金が必要になった際に審査なしでお金が手に入る非常に便利なサービスです。

ショッピング枠があれば誰でも利用することができるので、主婦やフリーターなど、消費者金融で審査に通りにくい人にとってはありがたいサービスになっています。

クレジットカード現金化を利用するときは、自分で行う方法と業者を使う方法がありますが、自分で行うには時間と手間が必要になる為、多くの利用者は業者を使って利用します。

クレジットカード現金化の業者はなぜこのサービスを提供するのか、もちろん利益がでるからです。ボランティアでもない限り利益がでないことなんて誰もやりません。利益を出す方法として、手数料を取ります。

業者を利用する際の手数料は、手法、業者によって変わります。どの業界でも当てはまりますが、競合他社がいれば価格競争がありますよね。同じ品質であれば、安ければ安いほど消費者にとっては得になるはずです。

しかし、サービスの質が違えば金額も変わるはずです。これはクレジットカード現金化においても同じことが言えます。手数料が安いということは必ずしも得であるとは限りません。

残念ながら、クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者が存在しています。この悪徳業者は、一見すると還元率が高く、それだけを見れば利用者にとっては得しかありません。しかし、還元率が高いということは業者の手数料分が少ないということです。

では、悪徳業者はどうやって利益を出しているのでしょうか。

悪徳業者の利益の出し方

悪徳業者が利益を出す方法は考えれば考えるだけあります。何せ「悪徳」というくらいですから、利用者を騙してお金を奪っていきます。

後から手数料を取る

多くの悪徳業者はこの手法を取ります。申し込みをした段階では高い還元率の話をしておきながら、いざ決済の段階になってから手数料がかかることを言われます。キャンセルをしようとすると、キャンセル料がかかると言われる、もしくは利用しないとクレジットカード会社や身内に利用しようとしたことをバラすと脅されたりします。

これでも十分に悪質ですが、決済前に手数料を伝えるだけまだましです。

一番悪質と言っていいのが、振込の金額が違う、振込されないことでしょう。決済をさせておいて、振り込まれた金額が少ないと言うと、手数料を引いた金額を振り込んだと説明されます。キャンセルをしようとしても、キャンセル料、または脅されるパターンになります。また、振込されない場合は完全に詐欺にあっています。その後連絡がとれないことが多いです。

個人情報を勝手に使われる

悪徳業者の中には、高還元率で取引をしているところがあります。一見すると高還元率で優良な業者に見えますが、実はこれが一番厄介です。

このタイプの悪徳業者はどうやって利益を出しているかというと、利用者から得た個人情報を勝手に使うことで利益を出しているのです。

例えば、最初は高還元率で取引をして利用者を信用させます。その後で、利用者のカード情報を使って勝手に決済を行うのです。一度に大きな金額を勝手に決済する、気付かない程度の金額を毎月勝手に決済するなどの方法が見られます。

このタイプに引っかかってしまう利用者は、クレジットカードの明細を見ないという特徴があります。悪徳業者は申し込みの段階でクレジットカードをどのように使っているか聞き出し、利用者をタイプ別に分けます。その上で、どのような決済の仕方なら気付かないかを分析するのです。

個人情報を売られる

2の手法と似ていますが、高還元率で取引をした利用者の個人情報を売って利益にしている悪徳業者も存在します。高還元率で取引をして利用者を信用させておき、裏では提携しているヤミ金業者に情報を売ります。

クレジットカード現金化で利益を取れなくても、情報を売ることで利益をとろうとする悪質なタイプです。クレジットカードが使えなくなったタイミングでヤミ金業者に紹介するパターンもあり、こうなると利用者は悪徳業者と気付かないまま泥沼にはまっていくことになります。

クレジットカード現金化を装った保証金詐欺

悪徳業者の中にはクレジットカード現金化をするといいながら、クレジットカードを持っていない・作れない人に対してこんなことを言います。

「あなたは信用情報でブラックになっている。保証金を払えば信用が回復する。信用が回復したら融資ができます。」

実際には、保証金を振り込んでも融資をしないという手口です。

手数料の意味を考える

クレジットカード現金化で利用者が一番気にするのは還元率だと思います。悪徳業者はその還元率を巧みに利用し、甘い言葉で利用者を誘います。

業者も利益を出すためには手数料を取らなければなりません。これは営業を続けていく為に必要になるからです。

もし還元率が高いところがあっても、もしかすると何か裏があるはずです。
『安物買いの銭失い』にだけはならないようにしましょう。

2017/01/29

page top