クレジットカード現金化のメリットとは?

みなさんは、クレジットカード現金化のメリット、よくご存じですか?

クレジットカード現金化は金策の一種ですが、よくよく調べなければこの金策のメリットをうまく利用できるということを知らないで利用しようとしている人も多いのではないでしょうか。

普通に働いていればお金が手に入りますが、それ以上に必要な場合は借金することを考えますよね。

急にお金が必要になるシーンは様々あり、冠婚葬祭、病気やケガでの入院、借りていたお金を急に返さなくてはいけなくなった、などなど・・・

借金をする理由や状況も個人によって、短期間の借り入れでいいとか、今すぐ手元に欲しいとか、様々あると思います。しかし、借金する為には消費者金融などの店舗に行ったり、審査をしたりと、面倒な手続きをしなければならず、手間と時間がかかります。

審査でも職業、年収、信用情報などによって貸せるか貸せないか、貸せるとしたらどのくらい貸せるかなど、もしかすると審査に通らなかったり、希望の金額にとどかないということが考えられます。

では、借金をしたくない人・できない人はどうやってお金を手に入れたらいいのでしょうか。そこにクレジットカード現金化のメリットがあります。

クレジットカード現金化は面倒な審査がない

金融機関で借入をしたい場合は、まず審査がありますよね。

働いているかどうか、勤め先、年収、使い道など、いろんなことを聞かれます。そこから審査が始まり、さて審査が終わって結果がどうだったか、ダメだった・・・なんて悲しいこともあります。

例えば、低収入の人はその分借りることができる金額も低いとか、専業主婦は勤め先がないから審査落ちたとか、事業経営者であれば、信用情報を照会されるとか。

ですが、クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠があれば誰でも利用できるサービスです。

クレジットカードは主婦、学生、低収入の人でも作れるので、作ることさえできればあとは業者に申し込みするだけで利用することができます。

なぜ審査がないかというと、クレジットカードを発行した時点で買い物をするためのショッピング枠が付与されているからです。

クレジットカード現金化はクレジットカードで買い物さえできればいいので、それ以外に必要なことはありません。

いうなれば、クレジットカードの審査がクレジットカード現金化の審査であると考えることもできるかもしれません。

クレジットカード現金化は信用情報に載らない

金融機関で借金をすると、信用情報機関にその情報が履歴として残ります。しかし、クレジットカードのショッピング枠の利用は借金に該当しないので、信用情報機関に載りません。つまり、クレジットカード現金化は信用情報機関に履歴がつかない方法で現金を手に入れることができるということです。

短期間の借り入れで済むのに、わざわざ借金の履歴が残るのが嫌だという人にとっては一番のメリットです。

また、クレジットカード現金化利用者に事業運営者が多いのは、この信用情報機関に情報を残したくない為でしょう。

返済の滞納・自己破産などの金融事故情報があると、新たに借金することができませんが、ショッピング枠があればクレジットカード現金化はできます。

クレジットカード現金化は時間がかからない

面倒な審査がないということは、利用に時間がかからないということにもなります。

クレジットカード現金化は、即日でインターネットからの申し込みができるので、わざわざ店舗に行くこともなく、自宅でできるというのもメリットの一つです。

業者によっては申し込みから最短で数十分で確認までできるところもあります。

例えば、急な冠婚葬祭で手持ちがない、といった場合に、一刻でも早く現金が欲しい人にとってはありがたいサービスです。

クレジットカード現金化はバレない

借金であれば、審査をする上で職場に在籍確認の連絡がくることがあります。滞納が起こると自宅に連絡が来たりと、周りに借金がバレるリスクが高いです。

特に、専業主婦をしている人は勤め先がない為に、借金をする際、配偶者などに保証人になってもらう必要がある為、家族にもバレ安いというリスクがあります。

クレジットカード現金化は審査がないので、職場に連絡が来ることもありませんし、家族にバレることもありません。

クレジットカード現金化は支払方法が選べる

クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をしていることになる為、支払方法を選ぶことができます。

普通大きな金額の商品を買うと、分割払いやリボ払いを選択して支払いができますよね。クレジットカード現金化においても、ショッピング枠の利用は通常の買い物として処理されます。

キャッシング枠だと、そもそも枠自体が狭かったり、支払方法が一括しかなかったり、利息が高かったり・・・とデメリットが生じます。

しかし、ショッピング枠であれば枠に余裕があることが多く、支払方法も分割、リボ、ボーナス払いなど、通常の買い物と同じように支払うことができます。利息もキャッシング枠よりも低い利息で済みます。

クレジットカード現金化は総量規制などの対象にならない

総量規制という言葉は聞いたことがあると思います。これは、個人の借金の合計が年収の3分の1まで制限されることです。

貸金業法という法律によって、それを超える借金は原則できませんが、クレジットカードのショッピング枠はこの対象にはなりません。

つまり、クレジットカード現金化はショッピング枠があるだけ利用できるということです。
例えば、総量規制で制限されるまで借金している人が、今すぐ現金が手元に欲しい場合、これ以上借金することはできないので利用をすることはよくあります。

クレジットカード現金化のメリットのまとめ

クレジットカード現金化のメリットをまとめると、

  • 面倒な審査がなく、時間がかからない
  • 周囲にバレない
  • 信用情報に載らない
  • 支払方法が選べる

現金が必要な人にとって、時間と手間が一番のネックですが、クレジットカード現金化はそのデメリットを解消するという点が一番のメリットであります。

ただし、クレジットカード現金化はメリットばかりではありません。もちろんクレジットカード会社との規約には違反しますし、悪徳業者の存在も忘れてはいけません。利用する際は、業者をしっかりと見極めて、本当に納得できるところを選ぶ必要があります。


クレジットカード現金化のメリットをよく知らないまま、ただ単純に、「審査もなく現金が即日で手に入る金策なんだな!?」という認識で利用することを考えていると、メリットをうまく利用できないかもしれません。

審査がない、といっても、やはりクレジットカードがなければ話になりませんし、なおかつ今あるショッピング枠の範囲でしか利用できないので、たとえショッピング枠があるとしても枠を超えた取引はできません。

また、クレジットカード現金化はバレないというメリットについても、クレジットカードの利用明細の存在や、商品を受け取らなければいけないということをしっかり認識して、自分自身でうまくばれないようにしなければ意味がないことになってしまいます。

クレジットカード現金化のメリットをよく理解して利用することを考えれば、状況によっては逆にクレジットカード現金化を利用しなくても今回は大丈夫だな、と考える余裕ができます。

お金に関することは常に余裕を持って考えることが必要です。特に、クレジットカード現金化は気軽に利用できることから、知らぬ間にショッピング枠を使い切るような利用をしてしまう人もいます。

こうなってはせっかくのクレジットカード現金化のメリットも水の泡になりかねませんので、クレジットカード現金化のデメリットも併せて考えていくことが必要ですね。

2016/12/30

page top