クレジットカード現金化は土日祝日でも利用できる?

即日で現金が手に入るクレジットカード現金化ですが、本当に即日で手に入るのか、土日祝日は無理なのではないかという疑問が湧くのは当然あると思います。

土日祝日などの一般的に休日とされる日の営業はどうなっているのか、銀行の営業時間外の入金はどうなるのかなど気になることですね。即日で現金が必要なのに、営業してないです、翌日の入金です、となっては意味がありません。

さて、一般的なサービス業では営業時間が長かったり、年中無休でやっているところがその利便性から人気なお店だったりするかとは思います。日曜日しか休みがない人は日曜日が定休日であるお店には行けないと思います。

クレジットカード現金化業界もそれに倣い、年中無休で営業しているところが多いです。もちろん、土日祝日、大型連休も関係なく営業している業者もいるほどです。(ただし、元旦は営業してないところが多いです・・・。)

受付時間に関していえば、24時間受付と表記してあるところが多いですが、これは申し込みできるのは24時間という意味のところが多いです。
実際に営業している時間は業者によりますが、早いところは朝7時から、遅くまで営業しているところで深夜0時という具合です。24時間営業してはいなくても、このくらいの時間であれば誰でも利用することができますね。

クレジットカード現金化業者が土日祝日も営業しており、その営業時間も長めだということはわかりましたが、実際に土日祝日でも入金ができるかどうかということが一番肝心なことです。例え営業していたとしても、即日で欲しい人が、入金が明日になります、と言われたところで利用する可能性は低いですよね。

そこで、土日祝日でも即日入金を実現するために、業者では即日反映可能な対応銀行を表示しています。

土日祝日でも入金が反映される銀行とはどのような銀行なのでしょうか。

入金がリアルタイムで反映される銀行

クレジットカード現金化業者のホームページを見ると、即反映可能な対応銀行が記載されているところが多いかと思います。

通常、他銀行間の取引は、銀行の営業時間内であればリアルタイムでの送金が可能です。多くの銀行は平日朝9時~昼15時が営業時間となっており、他銀行間の取引をするシステムもこの時間内で動いています。もし平日15時を過ぎたり、土日祝日での取引になると、送金の反映は翌営業日の朝、ということになります。

このことを踏まえると、土日祝日にクレジットカード現金化を利用したとしても、業者が利用している銀行が、自分の希望する入金先の銀行と別であれば、入金の反映は翌営業日の朝になってしまうということです。もし即日を希望し、手続きがスムーズにいったとしても、入金がされないと意味がありません。

業者側はこの問題を解消するために、土日祝日関係なく24時間リアルタイムでの送金反映が可能な銀行を利用しています。

土日祝日でもネットバンクを利用したリアルタイムで反映が可能な銀行があります。通常であれば土日祝日の他銀行間の送金は翌営業日の反映ですが、同じ銀行間の送金をリアルタイムに反映できる銀行があるのです。

24時間リアルタイム送金反映可能な銀行としては、主に下記の銀行が代表されます。

  • ゆうちょ銀行
  • 住信SBI銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • りそな銀行
  • ソニー銀行

これらの銀行では、銀行内部での送金を24時間リアルタイムで反映しています。例えば、送金口座がゆうちょ銀行の口座で、送金先の口座もゆうちょ銀行である場合、土日祝日関係なくいつでも送金の反映ができます。

クレジットカード現金化業者は少なくとも上記の銀行のいずれか1つは利用しており、利用者がその銀行口座を入金先に指定するならば、土日祝日でも即日入金が可能になるというわけです。

土日祝日でクレジットカード現金化を利用するときのおすすめ銀行

土日祝日でクレジットカード現金化を利用し即日で入金してほしい場合は、業者が指定する銀行を入金先として利用する必要があります。

業者によって利用している銀行は異なるので、ホームページや問い合わせなどでリアルタイム送金が可能な銀行を確認しておくといいでしょう。

上記のリアルタイム送金が可能な銀行の中でおすすめの銀行としては、ゆうちょ銀行を持っておくとよいでしょう。

ゆうちょ銀行は大体の業者が利用しているので、ゆうちょ銀行を持ってさえいれば業者の利用銀行で比較する手間も省けます。

現状でリアルタイム送金が可能な銀行はまだ多くはないですが、利用者の需要に答える意味でも銀行のリアルタイム送金は普及していくと思われます。近い将来には、他銀行間の取引でもリアルタイム送金が可能になるのではないでしょうか。

とはいえ、クレジットカード現金化は焦って利用すると損をしてしまいやすいので、なるべく時間に余裕がある上で取引できるようにしておくといいでしょう。

2017/02/6

page top