クレジットカード現金化で利用停止になりやすい人

クレジットカード現金化は、審査もなく即日で現金が手に入る非常に便利なサービスです。

しかし、クレジットカード会社はクレジットカード現金化をよしとしている訳ではありません。利用規約にも書いてあるように、クレジットカードのショッピング枠を換金する目的での利用を禁止しています。

クレジットカード会社としては、お金が必要であればキャッシング枠を使うことを前提にしています。そのキャッシング枠の付与はお金をちゃんと返せるかという、しっかりとした審査の上で与えられるものです。

それに比べショッピング枠の審査はキャッシング枠の審査よりも緩いです。これはショッピング枠の利用はあくまで買い物専用の枠であり、買い物を補助する目的で与えられているものだからです。

これを利用して現金を手に入れることは、クレジットカード会社を騙して金品を横領しているとみなされます。支払い能力があるかどうかという審査をすり抜けて現金を手に入れようとしているので、騙しているということになるのです。

では、クレジットカード現金化は利用しにくいのかというとそうでもありません。要はクレジットカード現金化していることがわからないようにショッピング枠を使えるかどうかということです。

利用の仕方によっては、クレジットカード現金化がクレジットカード会社に把握されてしまう可能性があります。どのような使い方をしている人が利用停止になりやすいのでしょうか。

利用停止になりやすいクレジットカードの使い方

クレジットカード現金化の利用をクレジットカード会社に怪しまれてしまうと、クレジットカードの利用停止という措置を取られてしまいます。場合によっては強制解約から支払残高の一括請求が課せられる危険性があります。

クレジットカード現金化を利用しているのではないかと怪しまれる人には、利用の仕方に特徴があります。

キャッシング枠を使い切っている人

クレジットカードにはキャッシング枠がついているものがありますが、現金の借り入れができるキャッシング枠を使い切っている状態で利用をすると怪しまれる危険性が高いです。
キャッシング枠を使い切っているということはさらに現金が必要になる可能性が高いとみなされます。この状態で高額な決済をすると、換金目的の買い物ではないかとみなされてしまいます。

ショッピング枠を使い切る人

ショッピング枠をすべて使ってクレジットカード現金化する人はまず連絡が入りやすいことが考えられます。ショッピング枠を使い切ろうとすると、クレジットカードが拾われて勝手に使われているのではないかという連絡が入りやすくなります。
連絡が入ること自体はセキュリティの関係で安心できますが、クレジットカード現金化においてはリスクの1つになります。自分が使っているとして、買い物の内容を詳しく聞かれる可能性があり、特に買い物が換金性の高い商品であるならば換金しているのではないかと疑われます。

換金性が高い商品を購入している人

換金性が高い商品を購入することは、一番換金していることがわかりやすい手法になります。
例えば、新幹線のチケット、商品券、アマゾンギフト券など、現在お金に換えやすいものをクレジットカードで購入することは換金目的のショッピング枠の利用とみなされやすい状況にあります。

クレジットカード会社への支払いが度々遅れる人

クレジットカードを利用すると、信用情報会社にクレジットヒストリーという情報が載ります。支払いを滞りなく行っている利用者は信用できる利用者として情報が残りますが、逆に支払いが遅れたり、滞納していると悪い情報として残ってしまいます。
クレジットヒストリーに悪い情報が載ってしまうと、利用者の信用は落ちることになります。そこで少しでも通常と異なる買い物をすると連絡が入りやすい状況になってしまいます。

上記の条件が複数重なる人

上記の条件が組み合わさる使い方をすれば利用停止になりやすいことは明白です。例えば、キャッシング枠が全くない状態で換金性が高い商品を購入すれば、ショッピング枠を換金しているとみなされて当然です。
また、支払いが遅れることがあるのにショッピング枠を使い切ろうとしても、まず決済ができずにクレジットカードが利用停止になる可能性もあります。

クレジットヒストリーをきれいにしておく

クレジットカード現金化しているとみなされやすい人は、主にクレジットカードを通常の買い物とは異なる買い物をし、極端に使っている人であるといえます。

クレジットカード現金化していることがクレジットカード会社にバレないようにするためにも、常日頃から支払いはしっかりと行い、極端な使い方を避けることで、信用を得ることから始めましょう。

クレジットヒストリーをきれいにしておけば、増枠の案内がくることも1つのメリットにもなるからです。

2017/02/7

page top