クレジットカード現金化に相場はあるのか?

審査なしで、即日で現金が手に入るサービスといえば、クレジットカード現金化です。
クレジットカードのショッピング枠があればたとえブラックリストに載ったことがある人でも利用することが可能です。

さて、どのような商品・サービスにもピンキリはあれど、金額の相場があると思います。ラーメン1つとっても1杯500円~1000円くらいですよね。

高いところはそれなりの理由があるかもしれませんが、まさか3000円のラーメンを食べようとは誰も思いません。

同じように、クレジットカード現金化にも相場があるのか皆さん疑問に思うかもしれません。クレジットカード現金化業者のホームページを見れば、皆どこも高い還元率が書いてありますが、大抵過去最高の還元率を載せているのではないでしょうか。

実際に電話してみると、表記の還元率よりはずっと低い還元率を提示されるはずです。

どこの業者もそうですが、実際の還元率はホームページを見てもわかりません。なので、それぞれの業者の本当の還元率を知っているのは利用した人のみです。

しかし、クレジットカード現金化にもある程度還元率の相場というものがあります。

業者を数社利用している人ならわかるかもしれませんが、クレジットカード現金化という業種で飛び抜けて還元率がいいというところはあまりありません。

どの業者も還元率競争を行ってはいますが、あからさまに良すぎるところは怪しまれたり、採算が取れず潰れたりしています。

では、実際の相場はどれほどなのでしょうか。実は、一言にクレジットカード現金化の相場と言っても、その手法の違いによって、相場だけではなく、リスクも変わってくるのです。

買取方式の相場

クレジットカード現金化の手法の1つに買取方式という方法があります。

この手法は、クレジットカードで買った商品を転売して現金を手に入れるという方法で、クレジットカード現金化の1番古い手法です。

昔から利用されているのは新幹線のチケット、現在ではアマゾンギフト券などがあります。

この買取方式は、自分で行うやり方と、業者を使うやり方がありますが、どちらの場合でもその還元率の相場は高く、80~90%台の還元率が相場です。

高い還元率の理由としては、扱う商品が換金性の高い商品だからということが挙げられます。

自分で行う場合、業者で行う場合いずれにせよ、購入する商品の買取相場をみれば、即ち還元率になります。商品は換金性が高ければお金に換えやすいということになるのです。

買取方式の換金率の相場は高い、ということですが、その代わりにリスクが大きい手法だということも忘れてはいけません。

本来クレジットカード現金化はクレジットカード会社との規約違反になります。

その為、クレジットカード会社はクレジットカード現金化をしているのではないか、という利用者のショッピング枠の使用履歴を注視しています。

例えば、普段のクレジットカードの使い方は公共料金の支払いやガソリン給油でしか利用しない人が、いきなりアマゾンギフト券を30万円分購入しようとしているとなれば、他人に勝手に使われているのではないかということも含めてセキュリティが働く可能性が高いです。

そこで自分で利用しようとしていたとなると、まずクレジットカード現金化しているとみなされて間違いないでしょう。

普段から換金性が高い商品を頻繁に買うという人はまずいません。その為、クレジットカード会社は換金性が高い商品の購入には目をつけているのです。

クレジットカード現金化しているとなれば、利用停止、強制解約から支払残高の弁済が求められます。

キャッシュバック方式の相場

もう1つの手法としては、キャッシュバック方式があります。

この手法は、業者が用意した商品をクレジットカードで購入すると、その商品に対して現金がキャッシュバックされて現金が手に入るという方式です。

この手法は買取方式が難しくなってきた後から出てきた方法です。キャッシュバック方式はどうしても間にいる業者の関係で買取方式よりも還元率が低くなり、その相場は70~80%ほどになります。

しかし、この手法は決済代行会社などを利用するので、業者よりますが詳しい買い物の内容は把握される心配がありません。その点、買取方式とは違いクレジットカードが利用停止になるリスクは低くなります。

還元率か高ければリスクも高くなる

クレジットカード現金化の利用者は還元率が高ければ高いほどいいと思いがちですが、あくまで利用規約違反ということを認識し、リスクがあることを理解しなければなりません。

還元率がいいということはそれだけリスクが高くなるということです。業者としては利用者に利用だけしてもらえればいいのであって、リスクに関することをいちいち説明したりはしません。

例え高い還元率でクレジットカード現金化できたとしても、その後強制解約され利用残高を一括で弁済ということになっては意味がありません。

手法の違いはあれど、相場から大きく離れた還元率を提示してくる業者にも何か裏があると考えて間違いないでしょう。

ちなみに、即日比較Battleで紹介する業者はしっかりと説明してくれます。不安な人は一度話を聞いてみるのもいいかもしれません。

2017/02/14

page top