作りやすいクレジットカードってどこのクレジットカード?

お買い物をする際に、皆さんはどうやって支払いをしていますか?

今の世の中現金払いの他に、電子マネーや商品券など、いろいろな方法で支払いができます。

支払い方法の1つにクレジットカード払いがありますね。一昔前であれば、クレジットカードは定職に就いていてそれなりの収入がある、選ばれた人しか持てないというイメージがありました。

しかし現在ではクレジットカード会社も利用者、つまり顧客を増やすために審査のハードルを低く構えて、昔よりも比較的容易にクレジットカードを持てるようになりました。

支払いにクレジットカードが利用できるサービスも拡大を続けており、昔ではクレジットカード払いができなかった医療費や国税もクレジットカードで支払いができるようになりました。
更に、クレジットカードで支払いをするとポイントも付くので、現金払いよりもお得に支払いができます。今やクレジットカードは生活の必需品と言っても過言ではなくなりました。

それこそ、どうしても即日で現金が手に入るクレジットカード現金化を利用したいというときに、クレジットカードを持っていないと利用できません。

クレジットカードを持とうとした際に、クレジットカードの審査のハードルが低くなった、といっても審査がなくなったということではないので、当然作りやすいクレジットカード、作りにくいクレジットカードがあります。

審査は主に、定職に就いているか、収入があるか、信用情報に傷がないかなどの情報から行われますが、審査の基準はクレジットカード会社によってバラバラです。

審査のハードルが低いところは、信用が低い人であっても作れます。

では、どこのクレジットカードが作りやすいのでしょうか。

クレジットカード会社にも種類がある

クレジットカードを発行する会社にも種類があり、その会社の種類によって審査が甘いところ、厳しいところが分かれます。

種類としては、

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 交通系
  • 消費者金融系

などがあります。この中で、審査が厳しいとされるのは銀行系ですが、次いで信販系、交通系、流通系となっており、最も審査が甘いのは消費者金融系です。

銀行系といえば、三井住友が思いつく人も多いかと思います。銀行系というだけあって審査は厳しいです。

信販系とは、信販会社が発行するもので、主な信販会社としてはセゾンやセディナなどが有名です。

交通系は、JRやJALなどの交通機関ですね。

流通系は、小売りをしているイオンや丸井のエポスなどが有名です。楽天カードも流通系に当てはまります。

消費者金融系は、その名の通り消費者金融が提供するもので、アコムのマスターカードが有名です。

消費者金融系は作りやすい

この中で審査が甘いのは消費者金融系ということですが、つまり消費者金融系のクレジットカードは作りやすいということになります。

なぜ作りやすいかというと、消費者金融の利用者をイメージするとわかりやすいかもしれません。
フリーターやパートの人だと、収入が低いという理由で他社に断られる可能性が大きいです。しかし、消費者金融系であれば安定した収入さえあれば職業は関係ないというスタンスなので、審査に落ちる可能性が低いのです。

更に、消費者金融系のクレジットカードは即日で発行が可能です。

消費者金融系は代表されるのがアコムのマスターカードですが、このクレジットカードはアコムの無人契約機で即日発行ができます。

また、ライフカードは信販系ですが、親会社が消費者金融のアイフルということもあり、審査に通りやすいとされています。

流通系は作りやすい上にポイントが貯まりやすい

消費者金融の次に作りやすいのは流通系のクレジットカードです。イオンのクレジットカードや、楽天カードは流通系に当たりますが、審査のハードルが低いことに加えてポイントが貯まりやすいことがメリットとして挙げられます。

小売りを事業の中心にしていることもあり、買い物をする上でクレジットカードを発行し使ってもらえれば買い物もしやすくなるということで審査が甘く設定されていると考えられます。

クレジットカードを持っておらず審査が通るか不安だという人は、消費者金融系、流通系のクレジットカードを申し込みしてみるといいでしょう。

審査を通りやすくするためにしておくこと

今クレジットカードを持っていて、新しいクレジットカードを持つことを考えているならば、日頃からの支払いは絶対に滞らせず、しっかりと行いましょう。

クレジットカードの審査は仕事や収入だけでなく、支払いをしっかりしているかというクレジットヒストリーも判断材料になります。

いくら審査が甘いといっても、支払いがよく滞る人に発行する会社はありません。

クレジットヒストリーがきれいであれば、即日でクレジットカードが手に入り、尚且つ即日で現金が手に入るクレジットカード現金化を利用することもできます。

2017/02/15

page top