クレジットカード現金化とキャッシング枠の利用、どちらがいいか

日々の生活を送っていくためにはお金が必要ですが、普通お金は働いた分給料としてもらい、そのもらった給料の範囲内でなんとかやりくりをしていると思います。

しかし、冠婚葬祭や生活の変化、急な出費が必要になる場面は生きていく上で多々あります。

急な出費に対応できるように貯金をしているという人はいざ知らず、日々の生活だけでお金がかつかつだという人は急な出費に対応することが難しいですね。

そんな時にクレジットカードを持っていればなんとかやり過ごすことができるかもしれません。

クレジットカード会社との契約によって違いはしますが、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があり、キャッシング枠は現金を借りるための枠、ショッピング枠は買い物専用の枠です。

この2つは、入会時に利用者を審査することで枠の大きさが決められ、その枠の範囲内であれば利用できます。

現金が必要であればキャッシング枠、買い物をするならショッピング枠を使うということになり、このうちショッピング枠の用途としては、現金の代わりになるので買い物が便利になったり、分割、リボ払いを利用することで大きな金額の買い物がしやすくするために使われます。

ですが、このショッピング枠、買い物だけではなく、現金を手に入れるために利用することも可能です。

その方法とはクレジットカード現金化であり、ショッピング枠を利用して現金を手に入れることができます。

ショッピング枠を利用して現金が手に入るということは、キャッシング枠と同様に現金が手に入る枠ということになります。

それでは、現金が手元に欲しい際は、クレジットカード現金化とキャッシング枠、どちらを利用したらいいのでしょうか。

クレジットカード現金化とキャッシング枠を比較してみよう

それぞれの特徴からメリット、デメリットがあり、状況に応じてどちらがいいかということも変わってはきます。

まずはそれぞれの特徴から考えていきましょう。

  • キャッシング枠は審査が厳しい

    そもそもの話、クレジットカードにキャッシング枠があるかどうかということになります。

    クレジットカード入会時にショッピング枠のみの利用で申し込めば、もちろんキャッシング枠はついてきません。

    クレジットカード入会時の審査で、キャッシング枠をつけると審査が通りにくいという話を聞いたことはないでしょうか。

    クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は管理する法律が違うので、キャッシング枠がつく場合の審査と、つかない場合の審査では通りやすさが違います。


    キャッシング枠を管理する法律は貸金業法という法律であり、消費者金融や信販会社がお金を貸す際の審査基準を明確にしていますが、年収の3分の1までしか現金が借りれないという総量規制や、給与明細など収入を証明する書類の提出など、規制や審査が厳しくはあります。

    対するショッピング枠の審査は割賦販売法という法律で管理されていますが、これは総量規制の対象外であり、かつ収入を証明する書類の提出も必要なく、自己申請でも可能ですので、規制や審査はキャッシング枠よりも緩いということになります。


    キャッシング枠を利用したいと思っても、審査に通らなければ利用することはできず、クレジットカードにキャッシング枠がついていない場合、再度審査の申し込みをしなければならないということです。

    この審査には時間がかかる上に、通らないこともままあります。

    つまり、クレジットカードにショッピング枠のみしかない人が即日で現金を手に入れようと思ったら、クレジットカード現金化を利用したほうがいいということになります。

  • キャッシング枠の金利は高い

    キャッシング枠を利用した際の金利は、大体のクレジットカード会社は年利18%としています。

    対して、ショッピング枠の分割、リボ払いの金利手数料は年利15%と、キャッシング枠のほうが高い金利になっています。

    また、ショッピング枠の利用であれば、一括払いには金利手数料が発生しません。

    対するキャッシング枠はどんなに短い期間にも金利は日割りで発生し、なおかつ利用都度に手数料がかかります。

    クレジットカード現金化を利用しても、一括払いであれば金利手数料はかからずに済むということになるので、急な出費で、なおかつ一括払いできるのであればクレジットカード現金化のほうが都合がいいでしょう。

  • キャッシング枠は枠が狭い

    キャッシング枠はショッピング枠に比べると枠が狭いことが大半であり、大体において20~30万円です。

    対してショッピング枠であれば50~100万円の枠を付与される場合が多いので、利用できる金額もショッピング枠のほうが大きいことがわかります。

    つまり、クレジットカード現金化であればキャッシング枠よりも大きな金額を利用することができるということです。

  • キャッシング利用は借り入れとして信用情報に載る

    お金を借りる際は借り入れしたことが信用情報機関に記載されますが、クレジットカードのキャッシング枠も例外ではありません。

    クレジットカード会社などの信販会社は信用情報機関である『CIC』に加盟し、利用者の信用情報をCICに預けています。

    ショッピング枠の利用も信用情報として記載されますが、あくまで支払いをしっかりしているかどうかという判断のためであって、借り入れとしての情報は記載されませんので、クレジットカード現金化は信用情報に借金として記載されないことになります。

    しかし、キャッシングの利用は借り入れとして信用情報に記載されるのです。

  • クレジットカード現金化は利用規約違反

    キャッシング枠の利用はクレジットカード会社の審査によって与えられるものなので、枠の範囲内で利用し、返済を行う上では何の問題もありません。

    対するクレジットカード現金化はクレジットカード会社との規約には違反してしまいます。

    ショッピング枠は買い物をスムーズにするために与えられているという面もあるために審査が緩いのですが、換金目的に与えられているわけではないのです。

    クレジットカード現金化をしていることがクレジットカード会社に把握されてしまうと、クレジットカードの強制解約、支払残高一括請求が来てしまう可能性があります。

クレジットカード現金化、キャッシング枠、どちらを使っても支払いはしなくてはいけません

クレジットカード現金化とキャッシング枠の利用、どちらを使うかは利用者の都合や状況によって違い、一概にどちらがいいとは言えません・・・。

どちらも急を要する入用に対して有効的な金策であることは間違いありませんが、もちろんキャッシング枠がない人はクレジットカード現金化を利用するでしょうし、他にも借金という情報が出てしまうとまずいという人だったり、総量規制に引っかかってしまっている人もいるかとは思います。

しかし、確実に言えることとしては、どちらも利用したら必ず支払いはしなければならないということです。

支払いが滞れば当然信用情報に傷がつきますし、利用停止にもつながってしまうかもしれません。

どちらを使っても債務が発生するということを確認し、支払いは必ず行うという上で計画を立てて利用をするよう心がけましょう。

特に急を要するという場合、クレジットカード現金化であればそのメリットを十二分に享受することができます。

わからないことがあれば業者に問い合わせすることから始めてみてはいかがでしょうか?

2017/05/2

page top