自分でクレジットカード現金化をする際に避けるべき商品とは?

クレジットカード現金化を行う際、ネットを見るとクレジットカード現金化業者がたくさんあることが確認できます。

クレジットカード現金化は自分で行う方法と業者を利用する方法がありますが、業者を利用する場合はクレジットカード現金化にかかる時間と手間を大幅に短縮することができるというメリットがあります。

しかしながら、業者を利用する場合は手数料がかかったり、中には悪徳業者が潜んでいるということもあるために、どうしても業者を信頼できないという人もいるのではないでしょうか。

時間と手間がかかってもいいという人であれば、自分でクレジットカード現金化をする人もいるかと思います。

自分でクレジットカード現金化する際は、クレジットカードで購入したものを転売する方法が主ですが、では購入する商品で避けるべきものはあるのでしょうか。

アニメや漫画の関連グッズはクレジットカード現金化に向かない?

最近では、アニメや漫画の業界が非常に盛り上がっています。

「クールジャパン」と海外でも日本の作品は評価されており、国内だけではなく海外にも多くのファンがいます。

アニメや漫画にハマっているいわゆる『オタク』であれば、その関連グッズが高い価格で売れることも知っているのではないでしょうか。
しかしながら、残念なことにアニメや漫画の関連グッズというのはクレジットカード現金化には向きません。

見合った価格で買い取ってくれるところが少ない

アニメや漫画の関連グッズというのは、プレミアがつけばかなりの価格で売買されることもあります。

例えば、昔に発売されたフィギュアでは今は手に入らないものである場合、それこそ2、3倍の価格で売れることもあります。

しかしながら、アニメや漫画のグッズを買い取りしている業者に売るとなると、見合った価格で買い取ってくれないことがほとんどでしょう。

3万円出しても惜しくないという人がいる一方で、業者はそれこそあれこれと理由をつけて何千円、下手すれば何百円という金額で買い取ろうとするのです。

プレミアがついて伝説化しているようなアイテムであっても入手して業者に売ろうとすれば二束三文ということも珍しくはありません。

オークションはトラブルに巻き込まれる可能性がある

クレジットカード現金化のためにアニメや漫画のグッズを購入する場合、よほどまとめての大量購入でなければクレジットカード会社から目をつけられることはないでしょう。

そのグッズをより高い価格で売りさばいていくにはオークションがいいのですが、オークションの場合にはトラブルに巻き込まれる可能性があります。

商品が落札され、購入者が商品を受け取った後で「商品が到着しない」「状態が悪いから返金しろ!」などという悪質な相手につかまると本当に大変です。

場合によっては、少額訴訟などに発展することもあります。オークションも便利ではあるのですがリスクはあるのです。

クレジットカード現金化でお金を作るつもりだったのにお金を作れないどころか余計なお金がかかってしまったという残念な結果になってしまうこともあるかもしれません。

クレジットカード現金化をするなら服もやめておいたほうがいい

普段着る服でも、中にはヴィンテージになるようなものがあり、それこそ高い価格で購入、売却できると思うかもしれませんが、意外に高値で売れないという結果になることもしばしば。

オシャレを楽しみたい方はもちろん、そうオシャレに興味のない方にとっても必要となる服なのですが、実は思っている以上に買い取り価格が低いのです。

仮にブランドものでも新品でも安く買いたたかれる

基本的に服というのは生活必需品になります。自宅で過ごすにしても、外を出歩くにしても服というのは必要です。

オシャレを楽しみたい方であれば、インナーひとつですらこだわることでしょう。ブランドものの服や新品の服というのは、結構な価格で売れるものと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、服というのはブランドものであっても新品でも換金性はそう高くありません。どちらかというと中古の価格は低いですから、クレジットカード現金化には向いていません。

服を専門的に買い取っている業者も多く見られるようになりましたが、そういう業者というのは理由をつけて、とにかく安く買いたたこうとします。

もともとダメージ加工のあるものを傷んでいると言い、新品でもタグがないからわからないと言うものです。1万円する新品のブランドの服が何百円ということもざらにあるのです。

オークションも期待はできない

業者がダメならオークションに・・・という人もいるでしょうが、残念ながらオークションでも服というのは期待できません。

というのも、オークションで服を探す方というのは基本的に「いいものを安く買う」つもりでオークションに参加しています。
新品のブランドの服であっても、定価やそれ以上の価格になってしまうのであれば「それなら店で買うわ」となってしまう方が多いのです。

そもそも基本的に一度人手に渡ってしまった時点で、中古という扱いになってしまいます。自分で写真を撮って出品しても実物と色味が違うと言われることもあるでしょう。
基本的に服に関してはそれがどのようなものであっても、高い換金率というのは期待できないのです。

時間と手間が惜しいのならば業者を利用したほうが確実

自分でクレジットカード現金化を行うのであれば、相当な時間と手間が必要になります。

例えアニメグッズや服に詳しいということであっても、その時間と手間があれば普通にアルバイトしてお金を手に入れるほうがよっぽど安全で確実です。

どうしてもクレジットカード現金化で確実かつ安全に取引したいのであれば、優良業者を利用したほうがいいでしょう。

2017/02/27

page top