クレジットカード現金化で借金を一本化できるか

銀行や消費者金融など複数の金融機関から借金をしている人は、俗に言う多重債務者ということになります。

複数の金融機関から借金を行っているということは、それぞれの借り入れにかかる金利はバラバラであり、返済日や返済方法も違うということになります。

そのため、借金を返済していくに当たって精神的に過度な負担になるだけでなく、それぞれの借り入れで金利が違うとなると金利が高いところには余計に支払いをしなくてはならないという金銭的負担もあります。

このように複数の金融機関から借り入れをしている多重債務者に向けて、『おまとめローン』というローンがありますが、このローンは借金を一本化して借り換えて、バラバラだった金利をまとめて低く抑えるだけではなく、月の返済額・心理的負担を軽減するためのローンです。

1990年代半ばから多重債務者の数が増え社会問題になったことから、貸金業法が改正され借り入れの総額が年収の3分の1を超えないよう、総量規制という制度が設けられました。

総量規制で新たに借り入れができなくなった分、借金の借り換えで借金を一本化するおまとめローンは総量規制の対象外に該当するということで、銀行や消費者金融がこぞって借金を一本化する金融商品を打ち出し始めました。

借金を一本化できれば精神的な負担も軽減できる上に、低い金利で一本化できれば余計な金利を払わずに済むので、多重債務者にとってはありがたい金融商品ということになるでしょう。

借金の一本化ができるのは、何もおまとめローンだけではありませんが、借金の総額がクレジットカードのショッピング枠の範囲内であれば、クレジットカード現金化で借金を一本化できるかもしれません。

クレジットカード現金化はショッピング枠を換金するという金策であり、現金を手にできるスピードが早いことが主なメリットの1つになります。

また、ショッピング枠を利用するということは、これも総量規制の対象外になりますので、借金の一本化に向いているのではないかと考えられます。

クレジットカード現金化で借金を一本化するメリット

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用して現金を手に入れる金策ですが、この方法を使って借金を一本化することもできます。

メリットとしては下記のことがあげられます。

  • 返済の精神的負担が軽くなる

    おまとめローンを使えば返済は1社にまとまり、返済に対する精神的負担が軽減すると述べましたが、クレジットカード現金化で一本化した場合も同じ事が言えます。

    クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するので、支払いはクレジットカード会社に行うことになり、支払い方法も分割、リボ払いが選べるということです。

    特にリボ払いであれば月々の支払いが一定になりますが、自分の支払い能力に応じて金額を設定することができるので、返済計画も立てやすく、精神的負担はさらに軽くなるでしょう。

    また、支払いはクレジットカード会社に行うのであって、銀行や消費者金融に行うものではありません。

    どうしても借金をして金融機関の支払いということになると返済請求が厳しそうなイメージがありますが、クレジットカード会社への支払いということであれば通常のお買い物をした分の支払いと同じなので、支払いに対するプレッシャーが幾分か軽くなると思います。

  • 信用情報に借り換えとして記載されない

    おまとめローンはあくまで借金の借り換えということなので、借金の情報として信用情報機関に記載されます。

    クレジットカードのショッピング枠の利用は借金ではないので、信用情報機関には載らないというメリットがあります。

    これはクレジットカード現金化で借金を一本化した場合でも同じです。

    「これ以上信用情報機関に載り続けることは避けたい!」ということであれば、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化は理にかなっています。

クレジットカード現金化で借金を一本化するデメリット

クレジットカード現金化で借金を一本化しようとすると、場合によってはデメリットが多くなることがあります。

  • 借金の総額がショッピング枠以上だと一本化は難しい

    クレジットカード現金化はショッピング枠を利用しますが、手に入る現金は枠の範囲内になります。

    枠を超える金額の取引ができないということは、借金の総額がショッピング枠を超えているのならば一本化はできないということになります。

    例えば、借金の総額が80万円であるのに対して使えるショッピング枠が50万円ということになると、一本化はできません。

    また、クレジットカード現金化は自分で行う場合、業者で行う場合にかかわらず、ショッピング枠がまるまる現金で手に入るわけではありませんし、特に業者を利用する場合であれば、手数料がとられます。

    つまり、借金の総額=ショッピング枠では一本化できないということになるので、借金の総額に対してショッピング枠にある程度の余裕が必要になります。

    たとえ一時的に増枠して一本化できたとしても、増枠した分の支払いは一括であるところが多いです。

    そこまで無理をしてまでクレジットカード現金化で借金を一本化する必要はないでしょう。

  • 金額が大きい場合支払いが長期化しやすい

    借金を一本化することを考えるということは、人にはよりますがその総額は大きい金額であることが考えられます。

    クレジットカード現金化で利用したショッピング枠の支払いをリボ払いにすると、支払いが長期化してしまうかもしれません。

    金額が大きく支払いが長期化するということは、その分リボ払いの金利手数料も大きくなってしまいます。

    せっかく一本化しても、結果的に金利手数料が大きくなってしまえば一本化した意味がないことになってしまうかもしれません。

クレジットカード現金化で借金の一本化は慎重に考えよう

クレジットカード現金化で借金を一本化することは不可能ではありませんが、一長一短であることは理解しておく必要があります。

無理に利用をすると、一本化できたのにも関わらず支払いが長期化し、利息を余計に支払う結果を招きかねません。

そもそもの話ですが、たとえ一時的にであってもクレジットカード現金化で借金を返済するということ自体あまりおすすめできない利用方法だと言えます。

支払わなければならない債務に対して、新たな債務をするからこそ多重債務を引き起こす結果になります。

債務を債務で返す、という思考回路こそ捨て去るべきであって、安易な金策に頼らずに自分自身の稼ぎでなんとかすることを考えるべきでしょう。

最悪なケースとして、クレジットカード現金化で借金を一本化できたとして、クレジットカード会社への支払いに困ったとしたら、おそらく新たな借金をして支払いに充てることを考えるかもしれません。

そうなれば元の木阿弥どころか、利用する前以上の多重債務を背負う結果になってしまいます。

ここまで言ってもなお利用を考えるというのであれば、必ず支払いは自分の稼ぎで行う、絶対に新たな債務をしないという鉄の意志を持って行うことをおすすめします。

もっとも、多重債務を引き起こすような生活をしないことが一番であり、日々の生活で少しずつでも貯金する生活を心がけましょう。

2017/05/11

page top