クレジットカード現金化の『優良店』って何?

クレジットカード現金化の優良店とは?

世間一般的に『優良店』というと、サービスがいいお店のことを優良店だと認識していると思います。

他のお店と比較して、それよりもサービスが勝っているということで『優良店』だといえる、そういうことですね。

クレジットカード現金化においても優良店と呼ばれる業者がいますが、クレジットカード現金化という業界の中で、他社と比較してより還元率が高い、対応が早いなどの基準をクリアして、初めて優良店ということができる、そう思っていませんか?

当然その通りであり、利用者側のメリットがなければそもそも比較して使おうと思わないはずではあります。

『優良店』とは聞こえがよく、クレジットカード現金化業者を比較する際に検索で、『クレジットカード現金化 優良店』とする人もいるはずです。

確かにこのように検索をすればどこがそうなのかという情報を載せたサイトが検索結果に表示されることになり、その中で業者を選ぶ際の情報として適切であろうサイトを見ることになるかとは思います。

ここで即日比較Battleが指摘したいこととしては、「どの業者が優良店なのか」、ということではなく、「誰が優良店と決めているか」ということです。

クレジットカード現金化の『優良店』の定義はそれぞれ

みなさんは、クレジットカード現金化の優良店とは利用者にとってサービスのいい業者だとお考えでしょう。

もちろん、即日比較Battleとしても、クレジットカード現金化優良店とは利用者にとって一番いいサービスをする業者であると考えています。


即日比較Battleとしての優良店の定義としては、

  • 即日即時対応である
  • 還元率が高い
  • 取引内容が明確である
  • 利用停止リスクが少ない
  • 丁寧な接客で内容がわかりやすい

などがあります。

しかし、『優良店』言葉がどういうところに存在するのか考えると、この『優良店』という3文字をつけてクレジットカード現金化を検索することは少し躊躇われるのではないでしょうか。

試しに、Googleで『優良店』と検索してみてください、何が出るでしょうか。

検索結果は日々変わってはいますが、2017年3月17日現在では、パチンコの情報サイトでひしめく結果になりました。

これはなぜかというと、パチンコの情報サイトが『優良店』という検索ワードに対して一番情報を発信しているとしてGoogleが表示しているからです。

クレジットカード現金化比較サイトの優良店は広告費で決まる?

Googleとしては利用者が情報を求める検索ワードに対して最良の情報が表示されることを目標としていますが、どうしてもロボットが出す結果なので利用者が本当に求める情報とは違う内容かもしれません。

クレジットカード現金化においても、利用者が求める『優良店』とは違う業者に引っかかってしまうかもしれないのです。

『クレジットカード現金化 優良店』で検索をかけると、最初に出てくるのはクレジットカード現金化業者ではなく、クレジットカード現金化業者の比較サイトであるはずです。

これはどうゆうことかというと、Googleにとって『クレジットカード現金化 優良店』という検索ワードに対して一番情報が多いのが、表示されている比較サイトということになります。

ここで考えたいのは、比較サイトがどうやって優良店と決めているかということです。

健全な比較サイトであれば、利用者にとって最良である業者を優良店としていますが、中には『優良店』を偽る比較サイトがあることも事実です。

『優良店』を偽る比較サイトは、その優劣を広告費の値段でつけています。

クレジットカード現金化における広告は決して多いとは言えません。

街中で錆びれた看板や実店舗を構えるクレジットカード現金化業者を見たことがある人もいるかと思いますが、まさか新聞や電車内の広告になることはありえませんよね。

では、どこで広告をしているか、広告というよりは、クレジットカード現金化の比較サイトに広告費を払って掲載することで利用者を募っているのです。

これで何となくわかったと思いますが、『優良店』は誰から見て優良であるかということが重要になります。

このような比較サイトにとっての『優良店』とは、広告費をより多く支払ってくれる業者であり、広告費が高ければ高いほど、当然評価も高く、お勧めとして表示されるでしょう。

逆に言えば、比較サイトによくない業者と認定されるのは広告をしていない業者であるといえるでしょう。

広告費を出すこと自体すなわち悪とは言えませんが、広告費をもらう比較サイトのやり方はいかがなものかと考えることができるでしょうし、これではただ業者の広告費を比較しているだけになってしまいます。

広告費を出している業者ですが、それだけで利用者にとって優良店かそうでないかということはわかりません。

クレジットカード現金化業者が運営を続けるためには利用者を募るしかないからですが、いうなればどこの業者も同じことをしている、しない業者はいなくなるということです。


本当の優良店、というのは、実際に利用してみないとわかりません。

例えばですが、接客態度がものすごく悪いけど還元率はいいという業者がいたとしますが、まず利用しようと思うかどうかが疑問です。

利用者にとっての『優良店』の定義も利用者の数だけ千差万別であり、すべての人にとっての優良店という業者は存在せず、個々の状況に応じた最良の対応をしてくれるのが個々人にとっての優良店だと言えます。

比較サイトが優良店としていたとしても、最終的に優良店かどうかを判断するのは利用をする人です。

還元率、対応スピード、安全性など、自分にとってどれが重要事項かを考えた上でクレジットカードクレジットカード現金化の『優良店』を考えるといいのではないでしょうか。

比較サイトの業者紹介ページの内容が変わる?

即日比較Battleでは比較サイトの調査も行っておりますが、新しいクレジットカード現金化業者が現れると当然比較サイトにもその業者を紹介するページができます。


ある比較サイトを見てみると、最近出てきたのであろう業者の紹介ページができておりましたが、その内容としては「ここの業者は怪しい」というものでした。

ところが、その数日後、あらためてその比較サイトの業者紹介ページを見ると、まるっきり内容が変わり、「ここは優良店である」という内容に切り替わっていたのです。

これは明らかに業者が比較サイトに広告費を払ったことで優良店として紹介してもらっているという典型的なケースであると考えられますが、まさか本当にすんなり真逆の内容になるとは・・・。


これでは完全に利用者にとってのクレジットカード現金化優良店ではなく、比較サイトに都合がいい業者が選ばれている状態になってしまっており、その内容がころころ変わるのであれば本当かどうかは利用して確かめるほかになくなってしまいます。

本当のことは利用しないとわからないとはいえ、利用者を誤解させたまま業者への誘導を行う比較サイトはもはやそのサイトの意味がないはずであり、これが悪徳業者への入口になってしまえば優良店を探すどころの話ではないはずです。

クレジットカード現金化の優良店という言葉に惑わされず、自分が納得できる業者選びができるように心がけましょう。

2017/05/15

page top