クレジットカード現金化の還元率とは?

クレジットカード現金化を行う上で無視できないのが還元率であり、利用者にとって最重要事項の1つになる条件でしょう。

還元率という概念をよく知らないという人や、還元率を比較しながら優良業者を利用して還元率を高くしたいという人も参考にしていただければ幸いです。

クレジットカード現金化は還元率が最も重要?

みなさんは、業者を比較する際に何を重要として利用を決めるでしょうか?

おそらくは、還元率を最も重要視して比較し、もっとも高いところで利用をしようと考えているでしょう。

クレジットカード現金化はショッピング枠を換金するというサービスですが、利用するショッピング枠に対してどれだけの割合で現金が手に入るか、というのが還元率と呼ばれ、別名で換金率とも呼ばれます。

勘違いしやすい人もいるかとは思いますが、借金ではありませんので自分が利用するショッピング枠の金額以上の取引はできませんし、かつ業者を利用する上では手数料が差し引かれた金額が手元に入ることになるので、与信枠を利用した金額が100%手に入るわけではない、ということをあらかじめ認識しておきましょう。

さて、業者を利用する場合には手数料がかかるということですが、手数料は手法や業者によって変わりますので、手数料が安い=還元率が高いということになり、逆に手数料が高い=還元率が低いということになります。

サービスの流れの中には、与信枠で何かしら買い物をする過程がありますが、当然与信枠を使えば発行元の会社に支払いをすることになります。

しかし、手に入る金額は手数料を引かれた金額になるために差額が発生し、その差額は還元率によって決まりますので、利用者としてはクレジットカード現金化において還元率が最も重要であることは間違いありません。


例えば、手続きの上で買い物をする金額が10万円だとして、

  • 還元率が80%の場合:10万円×0.8(80%)=8万円
  • 還元率が70%の場合:10万円×0.7(70%)=7万円

となり、10万円の与信枠の利用をする上で還元率が10%違えば、手数料が1万円違うということになります。


また、手数料が還元率であるパーセントでかかるということは、利用する際の金額が大きければ差額も大きくなるということであり、逆に金額が小さければ差額も小さくなるということではあります。

そのため、還元率を気にすると同時に利用する金額を気にするべきであり、取引する金額をなるべく抑えることで手数料を安くすることができます。

利用者としてはなるべく発行元の会社に支払う金額と手元に入る金額の差が小さければいいということで、クレジットカード現金化での還元率を最も重視することは当然のことではありますが、他にも重要視されるべきことがあり、それは利用する上でのリスクを回避することにもつながります。

クレジットカード現金化の還元率は単純に高ければいいというわけではない

業者を比較する際に還元率だけが重要かというとそうでもなく、高い還元率が可能だとしてもリスクも高い方法になるのであれば、危険な取引になってしまう可能性があります。

クレジットカード現金化において還元率が高い取引が可能な方法としては、新幹線の回数券や金券などの換金性が高い商品を与信枠で購入しそれを金券ショップなどで買い取ってもらうという買取方式が代表的な方法として挙げられます。

換金性が高いということは購入した額面に近い金額で買い取ってもらえるということでありますので、そうなれば当然還元率が高いということになります。

業者でも買取方式での取引を行っているところがあり、ブランド品やアマゾンギフト券などを媒介とすることで高い還元率を可能としています。

しかしながら、この方法を使うと発行元から利用停止処分を下される危険性が高くなってしまうのです。

クレジットカード現金化は発行元との利用規約に違反する行為であり、利用が発覚すれば与信枠の凍結、つまり利用停止されます。

買取方式ではお金に換えやすい商品を購入するために、利用が発覚しやすい取引になってしまうのです。

いくら還元率の高い取引が可能ということであっても、利用停止になってしまえば最悪の場合強制解約の処分がくだされることになり、その場合には利用していた分の与信枠を弁済するという形になりますので、たとえ分割やリボ払いにしていたものがあったとしてもその分を含めて一括で支払うしかなくなる可能性があります。

また、強制解約されてしまえば金融事故情報として信用情報機関に登録されてしまうので、新しくクレジットカードを作ろうとしても作れないという事態に陥ってしまいます。

クレジットカード現金化では還元率が単純に高ければいいというわけではなく、還元率と共にリスクがあるかどうかということも含めて考慮しなければなりませんので、総合的に比較して判断し、自身にとっての優良業者を見つけることをお勧めします。

2017/05/22

page top