クレジットカード現金化業者のキャンペーンとは?

世の中のサービスにはキャンペーンやセールなどを行ってサービスの値下げを行い、より多くの人に利用してもらう機会を増やして利益を上げる方法をとっているところが多く存在します。

特に新規の利用者に対して行われるキャンペーンも多く、初めて利用をする際に大幅な値下げや特典を付けたり、今後も利用をし続けてもらえるように常連客に対して優遇するようなキャンペーンを行うところもあります。

クレジットカード現金化ではキャンペーンがお得?

サービスやモノを購入しようと考える際には、そのサービスやモノを提供する業界の中で、サービスの内容やモノの値段などを他社比較して決めるものではあると思いますが、比較する際の1つの要因としてキャンペーンやセールを行っているかどうかということがあります。

一般的にキャンペーンやセールを行っているとすれば通常よりも安い値段でサービスを受けること、モノを購入することができたり、何かしらの特典がついてくるなど、利用者にとって都合がいいサービスが付加されるでしょう。

クレジットカード現金化を利用しようとする際でも、他社との差別化を図るためにキャンペーンを行っている業者は多く、利用者にとってはキャンペーンが1つの他社比較項目となり得ることは間違いありません。

業者が行うキャンペーンの内容としては、例えば、

  • 還元率(換金率)アップ
  • Quoカードや商品券などの金券プレゼント

などの内容で行っています。

キャンペーンの対象となる利用者は主に新規の利用者の場合が多く、その他にも、女性限定プランや事業者向けのプランなど、ある程度利用者のタイプを限定したサービスを行っている業者も存在します。

また、新規の利用者以外にも、普段から利用を続けている人(リピーター)に対しても定期的にキャンペーンを行う業者は多く、その場合普段の還元率(換金率)よりも高い数字で取引ができます。

ここで注目したいのはクレジットカード現金化業者の新規の利用者に対して行われるキャンペーンですが、一概に言っても業者によってその内容は異なります。

例えば、還元率(換金率)をアップするといっても、今すぐ上げてくれるのか、次回使えるクーポンとして発行されるのか、それだけでも利用者にとっては全く別のものとして捉えられるでしょう。

利用者としては、次回利用するかどうかもわからないサービスのクーポンをもらってもなかなか使うタイミングもわからず、いつの間にか有効期限が切れていました、ということにもなり得るために、キャンペーンでも還元率(換金率)をすぐに上げてくれる業者を利用するべきではあるでしょう。

業者としてはリピートしてもらえればそれだけ利益に繋がるので、次回使える~というようなキャンペーンの方法を手段とするのも仕方のないことではありますが、そもそもこのサービスはなるべく利用しないことが一番ではあります。

そのため、新規のキャンペーンを行っている、といってもその内容をしっかりと比較し、今すぐに使える業者での利用を考えるといいでしょう。

クレジットカード現金化業者のキャンペーンは本当なのか?

「キャンペーンを行っている」というのは簡単ですが、ここで考えられる問題としては、本当にキャンペーンが適応された数字であるかどうかということです。

「還元率(換金率)5%アップ!」という表記があったとして、通常の数字がどれくらいの数字であるのか確認できなければ、アップしたとしてもどれだけアップしたのかわからないということになるでしょう。


例えば、

通常の還元率(換金率):65%+キャンペーン:5%=70%

という場合では、元の還元率(換金率)が低いために、キャンペーンを適応したとしても70%という数字になってしまいます。


クレジットカード現金化業者でキャンペーンを行っているとしても、その業者の元々の数字が低ければ意味のないことになってしまうのです。

これを回避するために注意しなければならないこととしては、利用者新規のキャンペーンのことをいつ言い出すかということです。

業者の中には初めに提示する金額と最終的に提示する金額がかけ離れているところがあり、そのような業者がキャンペーンを行っているといっても後から言い訳ともとれる説明をされてキャンペーンが適応されていても全く意味のない数字になってしまいます。

そのため、最初からキャンペーンのことを言い出さずに、業者が最終的な数字を言ったタイミングで申し出てみるといいでしょう。

その場合に、最終的な数字が低く、これが適応された数字だという旨の説明をされたのならば一旦取引を保留にしましょう。

クレジットカード現金化優良店であれば数字が出た後にキャンペーンの旨を申し出れば、しっかりと還元率を上げた数字を再計算してくれますので、どのくらいの数字で適応されたのかということも明確にわかります。

「キャンペーン」の文字に惑わされることなく、数字を見て検討することを心がけましょう。

2017/05/24

page top